美肌づくり

乳酸菌の嬉しい効果って?

乳酸菌にはどのような効果を期待することができるのでしょうか。

もちろん乳酸菌の代表的な効果に整腸作用を挙げることができます。
この整腸作用は人間の体に栄養素をバランスよく供給するために必要不可欠な要素ですが、それ以外にも人間の体にとって良い効果をいくつももたらします。

一口に乳酸菌といっても、そこにはさまざまな種類の菌が存在します。
まず、BB536株などの種類は腸内で酢酸と呼ばれるものを作り出すことで、体の免疫力を向上させる効果を発揮するとされています。
この乳酸菌は生きたまま腸に届き消化活動を活発にすると同時に、便秘改善にも役立ちます。

また、同じくBB536株やシロタ株、LGG菌と呼ばれる種類は花粉症の症状緩和に効果を発揮するとされています。
特にBB536株は腸管の免疫細胞の過剰反応による花粉症の症状改善に効果的であるとされています。
さらに、LGG菌は子供がアトピー性皮膚炎を発症する割合を低下させる効果を持つとされています。

子供が幼い時期からLGG菌と呼ばれる乳酸菌を摂取することが、アトピーによるつらい症状に苦しむことを予防することにつながるのです。
他にも、LB81乳酸菌は便秘と関連性が深い肌荒れを改善するとされています。
他には、シロタ株とSBT2928株と呼ばれる種類は病原性大腸菌O-157の感染リスクを改善させます。

乳酸菌には上記では紹介できないほどさまざまな種類のものがあり、他にもメタボリック症候群の予防や高血圧の予防、口臭予防や歯周病予防に効果を発揮するものも存在します。
腸内環境を整えることのみならず、まさに人間の健康維持をさまざまな面からサポートしてくれる重要な菌なのです。
乳酸菌が含まれている食物を摂取する前に、どんな種類が含まれているのか、そしてその種類にはどのような効果を期待することができるのか、調べてみるものいいかもしれません。
そうすることで、自分の改善したい体の不調に合わせた乳酸菌を摂取することが可能になるでしょう。

このページの先頭へ