美肌づくり

乳酸菌で腸内環境を整えよう

乳酸菌には整腸作用があることがわかっています。
腸内環境を整えることは我々人間が健康を保つためにはなくてはならない重要な事柄です。
乳酸菌は有機酸と呼ばれるものを作り出しますが、これは腸そのもののエネルギー源になるとされています。

よってこの有機酸が多く作られれば作られるほど腸の働きが活発になるため、食べ物の消化吸収が円滑的に進み、体内の栄養素のバランスが良くなるのです。
またこの有機酸は腸を程よく刺激する作用があります。
有機酸によって腸が程よく刺激されることで腸のぜん動運動が助けられるため作られた便の排出がスムーズになります。

便秘は放置すると、便から有毒な物質が出るため大腸がんや不快な体臭、口臭の原因となりますが、そうした便秘の改善に乳酸菌が効果を発揮するのは、こうしたメカニズムがあるからです。
また乳酸菌は腸内を弱酸性に保つとされています。
これは腸内を通過する食べ物にも同じことを言うことができ、本来腸を通過する食べ物は弱アルカリ性ですがこれが弱酸性へと変化させるのです。

こうした作用によって排泄時の痛みが軽減されたり、痔が予防されたりします。
また腸内が弱酸性になると腸内に多く存在する悪玉菌の働きが抑制されるため、ガスなどが排便の際に出にくくなるとされています。
腸内細菌は近年の研究で1000種類以上、9000兆個にもなるとされていますが、その中で善玉菌と呼ばれるものはほんの少ししか存在せず、ほとんどが悪玉菌であるとされています。

しかもこれらの善玉菌は悪玉菌よりも力が弱いため、すぐに数が減少してしまうという特性があります。
こうした善玉菌を元気に保つためにも乳酸菌の摂取は非常に重要になります。
しかし乳酸菌は胃酸に弱く、胃で大半の乳酸菌が死滅してしまいます。
死滅した乳酸菌にも腸内での役割りがあるので無効果であるとはいえませんが、生きた乳酸菌を腸へ摂取するためにも、胃酸が薄まる食後などに、乳酸菌が含まれた食べ物などを体に取り入れることが大切です。
含まれている食品は意外とたくさんありますので毎日継続的に食べていただきたいのですが、
便秘気味の人は乳酸菌+オリゴ糖の組み合わせで摂取すると便秘改善にとても効果的といわれていますのでお試しください。

このページの先頭へ