美肌づくり

乳酸菌は毎日摂らないと意味がない!

乳酸菌とは代謝によって乳酸を生成する細菌類の総称です。
一部の乳酸菌は腸などの消化管内に常在して他の病原微生物と拮抗することにより腸内環境の恒常性維持に役立っているとされています。
特に人間は体を作る原料や生きていくために必要なエネルギー源を腸から取り入れるため、腸内環境が不健康であると十分な栄養素を摂取することができず、結果体全体が不健康になってしまうとされています。

また腸内環境が整うことで栄養バランスが整うため、健康的に痩せられると同時に便秘解消にも効果があるのです。
このように腸内環境を整えることは人間の健康維持にとって欠かせないことであり、よって腸内環境を整えてくれる乳酸菌は人間にとって非常に重要な細菌類であることがわかります。
しかし、効果を実感するためには継続して摂取しなければならないとされています。

この理由にはさまざまなものがありますが、一つ目の理由は乳酸菌には即効性がないという理由です。
時間をかけて腸まで届くため、ヨーグルトなどで摂取したからと言って、すぐに効果が表れるわけではないのです。
また腸内には善玉菌と悪玉菌という2種類の細菌が存在しますが、体によい作用をもたらす善玉菌は乳酸菌の数が減ると一気に減少してしまうことがわかっています。
善玉菌が体にもたらしてくれる良い効果とは一体どのような効果なのかhttp://ourtribe.mobi/zenda.htmlに詳しくまとめられていますので是非ご覧ください。

そして減少した善玉菌の代わりに悪玉菌が増殖するのです。
悪玉菌が増えるとどうなってしまうのかはhttp://www.izamania.net/bad.htmlにかいてありますが、とにかく体にはよくありません。

もともと善玉菌は悪玉菌より力が弱いため、乳酸菌によって善玉菌を応援しないとその数はどんどん減少してしまうとされています。
さらに乳酸菌は腸にたまることがなく、ひたすら減少していってしまうことがわかっています。
そして不足した状態を放置しておくと便秘になり、たまった便から有毒物質が発生して大腸がんの原因となったり、不快な体臭や口臭を発生させてしまう原因になったりします。
以上のような理由から、健康を維持するために腸内環境を美しく保つためにも、不足しがちな乳酸菌を毎日継続して摂取することが大切なのです。
ヨーグルトやキムチから摂ることが出来ますが、乳酸菌は胃酸に弱いという弱点があります。
なので空腹時にとっても胃酸によって死滅してしまいます。
乳酸菌を効率よく腸内に届けるためには、空腹時を避けて摂ることが良いでしょう。

このページの先頭へ