美肌づくり

乳酸菌の効果と食品・レシピ

乳酸菌は腸内環境を改善するという、人間が健康を保つためにはなくてはならない作用をもたらしますが、効果的に摂取しないと大きな効果を引き出すことはできません。
食品から乳酸菌を摂取する場合は、もちろんその食品は胃を通過することになるわけですが、
乳酸菌は胃酸に弱く9割がこの胃酸によって死滅してしまうとされています。
またせっかく腸に届いても腸内で残るということはなく、日々その数が減少していってしまうのです。
死滅した乳酸菌にも善玉菌のエサになるはたらきがあるので、死滅したからといってムダになるわけではありません。

乳酸菌にはこうしたデメリットが存在するため、効率よく腸に行き届かせるためにも摂取の仕方が重要であるとされています。
ヨーグルトやチーズ、納豆や味噌、酢やキムチといった発酵食品に多く含まれています。
そしてヨーグルトやチーズに含まれているものは動物性乳酸菌と呼ばれるものであり、
納豆や味噌に含まれているものは植物性乳酸菌であるとされています。

この植物性は動物性に比べて胃酸に強いため、より多くの乳酸菌が生きたまま腸に届くとされています。
言い換えれば日本料理に古くから用いられてきた味噌や納豆を食することで、より多くの乳酸菌を腸内に行き届かせることができるのです。
そのほかにもサプリメントタイプで摂取する方法がありますが、サプリメントで摂取するよりも上記のような食品から摂取したほうがより大きな効果を期待できるとされています。

また、比較的胃酸に弱いとされている動物性を摂取する場合は、動物性が含まれている食品を加熱せず生のまま食べたり、または胃酸が薄まるとされる食後に食べたりすることでより多くの乳酸菌を腸内に供給することが可能です。
乳酸菌を摂取することで腸内環境を改善し健康を維持したいと考えている人は、上記のような食品を用いた食事やデザートのレシピを考えてみるのも妥当です。
乳酸菌配合食品のアレンジレシピがこちらにいくつか紹介されていますので、気になるレシピがありましたら是非お試しください。
現在は乳酸菌を効率よく摂取するためのレシピにもいろいろなものがあり、インターネットなどで検索することが可能なので、そうしたレシピを参考にして効率よく摂取できる食生活を考えてみてはいかがでしょうか。
乳酸菌の体内での働きを良くするためには、毎日摂取することが大切です。

このページの先頭へ