美肌づくり

花粉症予防に効果のある乳酸菌はどれ?

乳酸菌は腸内環境改善を主としたさまざまな作用を人間の体にもたらしますが、その中に花粉症予防作用が含まれることがわかっています。
そもそも花粉症とはどのようなメカニズムで起こるのでしょうか。
花粉症の症状は体の免疫機能の過剰反応によって生じるとされています。

花粉とは人間の体にとって異物ですが、この異物は本来人間の体に害をもたらすものではありません。
よってこの異物を除去するためには適切な免疫機能が作用すれば十分であるといえますが、花粉症の人はこの免疫機能がこうした異物を排除しようとするために過剰な反応をしてしまうのです。
そしてこうした人間の免疫機能はヘルパーT細胞と呼ばれる細胞によってコントロールされており、ヘルパーT細胞にはⅠ型とⅡ型が存在します。

この二種類の細胞の中でもⅡ型の細胞のほうが1型の細胞よりも数が多くなっているときに免疫機能が過剰反応するとされていますが、乳酸菌にはこのヘルパーT細胞のⅡ型の働きを抑制する働きがあることがわかっています。
一口に乳酸菌といっても数多の数の細菌がそこには含まれており、その中にとりわけ花粉症予防に効果的な種類と言われるものがいくつか存在します。
具体的には花粉症予防以外にもアトピーの予防に効果的であるとされる、L-92、KW乳酸菌、LGG、インフルエンザにも効果を発揮するとされている1073R-1、プロテクト、ヤクルトに含まれており便秘抑制効果も発揮するシロタ株、などの乳酸菌が花粉症予防に効果的であるとされています。

花粉症予防に効果的な乳酸菌は上記に紹介しきれなかったものも数多く存在します。
乳酸菌には胃酸に弱く体内に長時間残ることがないという欠点が存在するため、乳酸菌の摂取方法を工夫し、効率よく乳酸菌を摂取することが大切です。
乳酸菌は食後に摂るのがベストですので実践してみてください。
そうすることでより多くの乳酸菌が腸に行き渡り、腸内環境改善のほか上記に紹介した花粉症予防にも大きな効果を発揮することが期待できるといえるでしょう。
また、KW乳酸菌についても知っておきましょう。

このページの先頭へ