美肌づくり

乳酸菌とビフィズス菌ってどう違うの?

体の健康を保つために効果的であるとされる細菌類に乳酸菌とビフィズス菌という2種類の細菌が存在します。
この2種類はよくセットで説明されたり扱われたりすることがありますが、乳酸菌とビフィズス菌にはどのような違いがあるのでしょうか。

http://adamsblock.com/tigai.htmlにもあるように基本的にどちらも腸内に存在している善玉菌の一種であることには変わりありません。

さらにビフィズス菌と乳酸菌とは別の細菌であるように思われがちですが、実はビフィズス菌は乳酸菌の一種です。
そもそも「乳酸菌」という言葉は、代謝によって乳酸を生成する細菌類の総称であるため、これは便宜上の呼び名であり生物学上に存在する正式の呼び名ではありません。
この乳酸菌と呼ばれる細菌の菌属にはラクトバチルス、ラクトコッカス、エンテロコッカスなどの菌属が含まれます。

ラクトバチルスという菌属にはアミノ酸などを生成する「ブルガリア菌」http://bioplastek.com/aru.html、胃酸や胆汁酸に強く大腸まで届く「ラムノーザス菌」、小腸で主に増殖する「カゼイ菌」、人の腸内に常在するラクトバチルスの代表的菌種である「ガセリ菌」といった種類の乳酸菌が含まれます。
カゼイ菌の中で有名な乳酸菌シロタ株についてはこちらに詳しく解説されています。

一方ビフィズス菌は乳酸菌の中でも、乳酸と酢酸を生成する細菌のことを指します。
このビフィズス菌のことを生物学上ではビフィドバクテリウムと分類します。

具体的にこのビフィドバクテリウムには、世界で初めて発見された乳酸菌である「ビフィダム菌」、大腸まで届いて善玉菌を増やし悪玉菌を減らす働きをする「ロングム菌」、健康な腸内で活動しビタミンを生成する「アドレスセンティス菌」、乳児の腸内に存在するビフィズス菌である「ブレーベ菌」といった細菌が含まれています。
ビフィズス菌も乳酸菌の一種ですが大まかに説明すれば、ビフィズス菌は乳酸以外にも酢酸と呼ばれる成分を生成します。
腸内環境改善や健康の維持を考えている人は、一般的に乳酸菌と呼ばれる細菌類と、ビフィズス菌と呼ばれる細菌類の両方を摂取するのが妥当であるといえるでしょう。
ビフィズス菌を体内に取り込むメリットがhttp://www.fscop.jp/bif.htmlに載っていますのでご覧ください。
こちらを読んだらきっとあなたも乳酸菌とビフィズス菌を摂取したくなるでしょう。
乳酸菌が多い人ほど健康だと言われています。

このページの先頭へ